口下手なせいでいろんな損をしてきたと思っている方は、意外と多いとなっています。口下手のせいで友だちができずに寂しい思いをしている方も多いんですし、口下手(話すのが苦手な人を指す表現ですね)なせいで恋人ができないという悩みをお持ちの方も?多くいらっしゃるでしょうね。しかし、あなたは本当に口下手(話すのが苦手な人を指す表現ですね)なんでしょうか?あなたは何か口下手(話上手な人の話し方を研究することで、上手に話すことができるようになるでしょう)なせいで嫌な思いをした経験(これがないと雇ってもらえないこともよくあります)があることでしょうか?どういう話をしていいかわからず、居心地悪い思いをしたり、相手が楽しくないんじゃないかと思って緊張したり。そのような経験は、口下手(訓練次第で話し上手になることもできるといわれています)な人でなくても少しはあるようです。また、相手も同一のことを思っているかもしれません。口下手(話上手な人の話し方を研究することで、上手に話すことができるようになるでしょう)な人の場合、口下手(話上手な人の話し方を研究することで、上手に話すことができるようになるでしょう)である事を気にしすぎるのが一番ダメだ事なのです。「自分が話をしてもきっと面白くないであろうから」と考えるあまりに、余計に会話(コミュニケーション力と言い換えることもできるかもしれません)が出来なくなってしまうようです。本当は口下手(話上手な人の話し方を研究することで、上手に話すことができるようになるでしょう)なんかではないのに、気にしすぎるあまりに会話(コミュニケーション力と言い換えることもできるかもしれません)が出来なくなっている人も実は結構いるはずです。もし、あなたの発言で誰かを怒らせたり、傷つけたことがあったなら、なぜその方が怒ったのか。もしくは、どのくらいの言葉(頻繁に口にしているものによって、現実が変わるとかいわれることもあります)に傷ついたのかを理解なさってください。そして、二度とそういうことにならないよう気をつければいいでしょうね。その気持ち(ある程度共感してもらえることはあっても、基本的にはその人にしかわからないものでしょう)を理解出来ないようだと、同一のことを繰り返してしまい、最終的に会話することが怖くなってしまいます。過去の経験(人の話をきくだけでも参考になりますが、やはり、自分でやってみないとわからないということも少なくありません)により、口下手(訓練次第で話し上手になることもできるといわれています)が悪化するというのは非常に多く見られる傾向です。でも、それは同時に、口下手(訓練次第で話し上手になることもできるといわれています)を克服するヒント(いいヒントを出すのは意外と難しいものです)にもなっていますー